英語版はこちら

X線装置のティーアンドエス ご案内

耳鼻咽喉科用 X線

従来のアナログ撮影・イメージンプレート撮影とダイレクトデジタル撮影の決定的な違いは、撮影から診断に至るまでのプロセスです。

内科・整形外科用 X線

ハイパワーを余すことなくコントロールするAPR 搭載操作パネルとの組み合わせで常に最適な撮影を可能にしています。

ポータブル X線

軽量・コンパクトモデルにあらゆる撮影方法に対応するAPR の組み合わせで最適な撮影を可能にしています。

回診用 X線

コードレスでの撮影が可能なDC 方式(バッテリー)とAC 方式(AC100V コンセント)の両方式を標準搭載しています。

動物用 X線

従来型のアナログ撮影やCR方式では不可能だった即時画像確認をダイレクトデジタルX線撮影は可能にします。

デジタル化 製品

現像作業やスキャニング工程を完了しなければ出来なかった撮影画像の確認をダイレクトデジタル撮影は撮影後その場で出来ます。

会社概要

創意工夫で新しい価値を見出し、最高のモノづくりでお客様に信頼と満足を与えます。 そして、医療福祉に貢献することを目標とする。

サポート&問い合わせ

お問い合わせに関する一覧ページです。ご購入前のご質問や、購入後の修理・技術的なご質問などについてお答えいたします。


紹介ムービー

このページのトップへ